投稿日:2021年2月11日

電気通信工事施工管理技士になるには?

こんにちは!茨城県日立市を拠点に、電気工事や電気通信工事を承っております株式会社鎌倉電通です。
今回は、電気通信工事に不可欠な国家資格である「電気通信工事施工管理技士」になるための方法についてお伝えします。

電気通信工事施工管理技士とは?


電気通信工事施工管理技士とは、2019年に設立された国家試験であり、電気通信工事において、建設業法で定める専任技術者や主任技術者、監理技術者になることができる資格です。
具体的には、施工現場における技術的な指導と工事全体の管理を行う立場を担当するのに必要な資格です。
この資格の保有者は、現場の責任者として重要な立場を与えられることも多くなります。

合格に必要なこと

施工管理技士に合格するために必要なことは大きく分けて以下の2つです。

計画的な筆記試験対策

ほかの施工管理技士と同様に、電気通信工事施工管理技士も学科試験・実地試験の二部構成で行われ、すべて筆記試験となります。
学科試験はマークシート方式で行われ、実地試験は短文の記述式です。
いずれも試験範囲が広いので、過去の出題傾向を基準に効果的な学習を行いましょう。

一定の実務経験

実地試験の受験条件には、一定年数以上の実務経験が必須とされています。
そのため多くの人が入社してから3年程度の実務を積んだ後に受験します。
実地試験は現場経験をもとに回答する問題もありますので、日々の業務が合格につながるのは明らかです。
入社後の一つ目の仕事から、合格への第一歩は始まっているのです。

合格したらできること

施工管理技士に合格するとで、「主任技術者」や「監理技術者」として現場全体を管理する立場を担当することができます。
また会社の中には、資格取得を昇進の条件としているところもあります。
ご自身のキャリアアップには不可欠の資格であるといえるでしょう。

【求人】鎌倉電通では新規スタッフを募集中!


現在弊社では、さらなる事業拡大を見据えて正社員を募集しています。
入社後の勤務地は、水戸市やつくば市、土浦市がメインとなります。
現場経験の有無や学歴は一切問いません。
弊社は「資格取得支援制度」を設けておりますので、今回お伝えした施工管理技士も会社のフォローを受けながら合格を目指すことができます。
福利厚生の充実にも力を入れておりますので、腰を据えてじっくりと働きたい方は、ぜひ弊社でチャレンジしてください。
皆さまからのご応募をお待ちしております。
最後までご覧いただき誠にありがとうございました。

株式会社鎌倉電通
〒319-1233 茨城県日立市神田町307番地の1
電話:0294-52-3813 FAX:0294-53-9011


関連記事

施工事例②

施工事例②

古くなった電柱を元位置で建替えたため、コンクリートの塀やタイルも復旧。 …

新入社員!

新入社員!

念願の若手社員が入社致しました! 昨日、元請様の新規入場者教育を終え、本日より現場へ。 覚える事や必 …

ラジオ出演

ラジオ出演

先日、知人からの紹介でラジオ番組に出演させていただきました。 「fmぱるるん」さんの「The bos …