投稿日:2023年8月27日

建柱工事の流れをご紹介

こんにちは!
株式会社鎌倉電通と申します。
茨城県日立市に拠点を構え、茨城県内各地で電気工事・電気通信工事を承っている施工業者です。
60年以上の実績と経験で培った施工技術と知識を生かし、お客様のご要望にお応えできるよう、丁寧かつ確実な施工を行っています。
今回は、弊社が得意とする建柱工事の流れについてご紹介したいと思います。

建柱工事の流れ

こちら
建柱工事とは、電柱や通信柱などの木製や鉄製の柱を新設したり、古くなったものを建替えたり、不要になったものを撤去したりする工事のことです。
建柱工事は、以下のような流れで行われます。

現地調査

現地調査では、建柱する場所や数、高さ、種類などを確認し、周辺の環境や地盤の状況なども把握します。

設計図や見積書nの作成

設計図では、建柱する位置や角度、配線や器具の配置などを詳細に記載します。
見積書では、工事にかかる費用や期間などを明示します。

お客様と打ち合わせ

打ち合わせでは、設計図や見積書をご確認いただき、ご要望やご質問にお答えします。
また、工事の日程や注意事項などもご説明します。

着工

工事では、まず現場の安全確保や周辺住民への挨拶などを行うことが重要です。
次に、掘削機やクレーンなどの重機を使って、柱穴を掘ったり、柱を立てたりします。
最後に、配線や器具の取り付けや調整などを行います。

最終確認と報告

最後に、工事完了後の確認と報告を行います。
確認では、施工内容や品質が設計図通りになっているかをチェックし、問題がないかを確認します。
報告では、お客様に工事の結果や注意点などをご報告し、ご満足いただけるように対応を行いますのでご安心ください。

建柱工事では周辺への配慮が欠かせない

建柱工事は、重機や音や振動などが発生しますので、周辺環境への影響が大きい工事です。
その為、建柱工事では以下のような配慮が必要です。

周辺住民への挨拶と連絡

建柱工事は道路や歩道などを一時的に封鎖したり、騒音や振動などで周辺住民の生活に影響を及ぼす可能性があります。
その為、工事前には周辺住民への挨拶と連絡を行い、工事内容や期間・時間帯・注意点などを伝えます。
また、工事中も迷惑がかからないように配慮し、トラブルが発生した場合は速やかな対応が欠かせません。

現場の安全確保と整理整頓

建柱工事は重機や柱や配線などが現場に多く搬入され、事故や災害のリスクが高い工事です。
その為、工事前には現場の安全確保を行い、危険箇所や通行止めなどを明示します。
また、工事中も現場の整理整頓を行い、不要なものは適切に処分し、必要なものは適切に保管します。

安全で配慮の行き届いた建柱工事を行います

お問い合わせ
建柱工事は、電気や通信などのインフラを支える重要な工事です。
弊社では、昭和31年に創業して以来、茨城県内各地で建柱工事・電気設備工事・電気通信工事を手掛けてまいりました。
一つ一つの現場に全力を尽くし、これまでに培った技術を生かして正確で丁寧な施工を心掛けています。
弊社のサービスにご興味がありましたら、ぜひお気軽にお問い合わせフォームからご連絡ください。
茨城県での建柱工事・電気設備工事・電気通信工事のご相談はお任せください!
最後までご覧いただき、誠にありがとうございました。

株式会社鎌倉電通
〒319-1233 茨城県日立市神田町307番地の1
電話:0294-52-3813 FAX:0294-53-9011


関連記事

昨年

昨年

0221boss.mp3ダウンロード FMぱるるん様のTHE BOSSとゆう番組に出演させて頂いてか …

ラジオ出演

ラジオ出演

先日、知人からの紹介でラジオ番組に出演させていただきました。 「fmぱるるん」さんの「The bos …

施工事例①

施工事例①

電柱の建替に伴い、U字溝の迂回とフタの加工を行いました。 …